マヌカハニー

ハチミツを加熱すると?使う前に知ってほしい加熱事情

ハチミツを加熱するとどうなるのか?

ハチミツはずっと昔から様々な形で人々から慣れ親しまれてきた物の一つです。世界中で古来よりハチミツは医療目的での使用に加えて、生の食品としても食べられてきました。ハチミツはとても高価で、当時は金貨の代わりとしても使われていました。現在では、ほとんどの業界のほぼすべての製品の主要部分を形成しているといっても過言ではないでしょう。ハチミツが高く評価される理由の1つは、その有益な成分です。ハチミツは、抗酸化物質、ビタミン、プロバイオティクス、アミノ酸、ミネラル、酵素で構成されています。また、ハチミツは、医薬品ともなる優れた抗生物質特性を持っていることで特によく知られています。しかし、ハチミツを加熱した場合、その成分や効果に何らかの影響を及ぼすのでしょうか?ほとんどの人が疑問に思っているでしょうこの謎を、この記事で解明していきたいと思います。

<<加熱したハチミツの内部と外部>>

ハチミツは加熱すると有毒ですか?

これはおそらく、ハチミツを使用する全ての人にとって最大の懸念事項でしょう。ハチミツを加熱すると化学組成が変化することが、研究によって明らかになっています。幸いなことに、熱によってハチミツが有毒になり、人体に害を及ぼすということはありません。ただ、ハチミツの構成は熱を加えると変化し、成分が弱くなり、その効果がなくなってしまいます。熱は、酵素、ミネラル、ビタミン、その他の成分に悪影響を及ぼすことがわかっています。ただし、これらの成分を有毒なものに変えたり、病気を引き起こしたりすることはありません。したがって、ハチミツは自然な生の状態のままで使用するのが一番良いと言えます。ハチミツを加熱してしまうと、その食感と色も損なわれてしまいます。

ハチミツを加熱すると、その特性や栄養素がなくなってしまいますか?

蜂の巣内の温度レベルは約95ºF(35ºC)まで上がる可能性があります。つまり、少しの熱では、ハチミツの成分には何の影響も与えないことを意味しています。しかし、ハチミツを過度の熱にさらすことは、ハチミツが持つ重要な栄養素に悪影響を与えるため、賢明ではありません。熱が多すぎるとこれらの栄養素は損なわれ、栄養上の利点がなくなってしまいます。どれくらい損傷を受けるかは、ハチミツがさらされる熱の量とその期間に比例します。

結晶化したハチミツを加熱すると、ハチミツが液化して扱いやすくなります。加える熱の温度を抑えることで、天然成分が失われるのを防ぐことができます。原則として、温度が95ºF(35ºC)を大きく超えないようにしてください。結晶化したハチミツに緩やかに熱を加えると、うまく液状にすることができます。

ハチミツで料理する場合はどうでしょうか。残念ながら、ハチミツに熱を加える料理をすることは、百害あって一利なしです。ハチミツを長時間高温の状態に置いておくと、完全に別物になってしまいます。グリル、電子レンジ、その他の調理機器のいずれを利用する場合でも、過度の熱は有益な酵素を確実に分解し、風味にも影響を与えます。ハチミツを構成する全ての成分が変異もしくは破壊されると、ハチミツ本来の味は完全に失われてしまいます。

熱は様々な点でハチミツの特性に影響を与えます

・抗菌能力の喪失
ハチミツが過度に加熱されると、インベルターゼやジアスターゼなどの酵素が破壊されます。これらの酵素は、糖の消化と分解を助けます。ハチミツに含まれるグルコースオキシダーゼも加熱すると失われてしまいます。この酵素は、消毒剤として機能する過酸化水素を生成することにより、体がバクテリアやウイルスと戦うのを助けます。
・抗酸化特性の喪失
ハチミツには、体内の有害なラジカルの影響を中和するのに役立つ抗酸化物質が豊富に含まれています。これらのフリーラジカルは、慢性疾患と感染症の原因のひとつです。細胞はフリーラジカルによっても損傷を受けます。ハチミツに含まれる抗酸化物質の1つには、抗癌剤であるポリフェノールも含まれています。これらの物質はまた、炎症を防ぐのに役立ちます。しかし、熱を加えてしまうと、これらの物質は破壊されてしまいます。

ハチミツを安全に温めるにはどうすればよいですか?

すでにご説明したように、熱が多すぎるとハチミツは悪影響を受けます。ハチミツを直火で急速に加熱することは避けてください。熱の温度が高いほど、ハチミツの栄養価が失われるということを覚えておいてください。ハチミツを安全に温めたい場合は、次のいずれかの方法を試してみてください。

<お湯を使う方法>
これは、ハチミツを温める最も安全な方法の一つです。最初に水を沸かしますが、この時ハチミツは水の中にはれないでください。水が沸騰したら、火からおろして、少し冷まします。冷めたのを確認してから、ハチミツが入っている瓶を手に取り、お湯の中に入れます。

<スロークッカーを使う方法>
これもハチミツを温めるのに効果的な方法です。容器をスロークッカーの中に入れ3/4マークまで水を注ぎます。これにより水とハチミツを混ぜずに済みます。スロークッカーを「弱」の設定にして、ハチミツの入った容器を水に浸します。この時、容器はプラスチックまたはガラスの容器をお使いください。最低温度が120ºF(48.9ºC)以上にならないように注意してください。そうすることで、水は115ºF(46.1ºC)から16ºF(46.7ºC)まで温められます。初めて行う場合は、温度計をご使用ください。また容器に蓋はしないでください。

<ハニーウォーミングビーブランケット>
ハニーウォーミングビーブランケットは、ハチミツを温めるのに最も適した製品です。毛布によって、ハチの巣の中と同じ温度を維持した状態でハチミツを温めることができます。この製品は高性能で、温度を調整する内蔵のサーモスタットを備えています。この製品を使うことのメリットは、使用中その場を離れていても問題ないという点にあります。

1

サラッと口溶け 濃厚なのにしつこくない甘さ マヌカハニーで将来の自分へ健康投資 オーストラリアの大自然から生まれた天然の良薬 80種類以上のマヌカ植物を研究 オーストラリアはマヌカ植物が育つのに適した ...

2

目次1 マヌカハニーとは?抗菌活性が高い?1.1 マヌカとはNZの植物?1.2 オーストラリアのマヌカとは1.3 オーストラリアはマヌカハニー作り放題?2 マヌカハニー抗菌活性の効能とその要因2.1 ...

3

鈴山農園のマヌカハニーは安心安全 鈴山農園が提供するマヌカハニーが皆様にとって、安心で安全であることをこの場で証明させていただきます。 皆様の健康維持の手助けになるためにも、提供させていただくマヌカハ ...

4

マヌカハニーでウイルスが撃退できたら・・・これが現実ならどれだけ良いことか!と思いますよね。 甘くて美味しいマヌカハニーで40℃近くの熱や怠さ、頭痛や吐き気などから開放されるなら!病院での診察も注射も ...

5

タイトルで興味をもたせておきながら申し訳ないのですが、残念ながら糖尿病や脳梗塞に心筋梗塞に直接作用されるという研究結果は出ていません。 しかし、歯周病から糖尿病や脳梗塞などの多くの病気が誘発されること ...

-マヌカハニー

© 2021 Suzuyama Farms Powered by AFFINGER5